助産院と一般病院との関係

助産院と一般病院との関係

昔日本は今ほど産婦人科の病院がなくて、ほとんどの人が自宅で産婆さんと言う人に来てもらってお産をしていましたよね。

その産婆さんと言う人が助産師さんです。

無くてはならない存在は今も昔も変わりないかと思うのです。

しかし、国の状況も環境も変わってしまいましたから、自宅でお産という人はまずいないと言ってもいいのではないですか。

それでも、稀にあるそうなのです。

家族との絆や連携がとても深い人なのかもしれないですね。

そうなると、助産院から応援をもらなわくてはいけませんけど、無事に赤ちゃんが生まれたらすぐに顔が皆で見れますね。

それに病院とは違ってガラス越しではなくてまじかですぐに抱っこできますし、すぐに家族の一員です。

ここまでは、無事に経過が良い場合でしょうが、何かしらの問題が起きたらすぐに連携できる病院は用意されているみたいです。

助産院では、遠まわしのような感じですが、病院もすぐに傍にあると思えるし連絡も定期的にされているみたいですから、自宅でのお産も今は安全が守られているようです。

助産院では医療連携が義務であるそうです。

確かに昔はお産をするときは自宅中心ですし、助産院に近い所もあったのでしょうが、トラブルが起きたらもうそこでしか解決できなかったので、出生率は今ほどではなかったはずです。

それでは、子供が安心して生まれてこれないので、助産院は他の病院との連携が不可欠とされたのですね。

医療法で助産所の開設者は医師や、病院や診療所を定めておかなくてはならないとあるようです。

こうして法律できちんと定められていますので、万が一はすぐに搬送も出来る様な仕組みが出来上がっているのです。

助産師はすぐにでも開業できる権利がありそこに医師がいなくてもすぐに仕事をする事が出来ます。

お産は病気ではありませんからドクターはいなくても確かに平気かもしれないのですが、仮に出血が多い場合もあるそうですからそうなると後は確かに医療行為ですよね。

助産師さんは医者ではありませんから、法に基づけば医療行為は出来ないですよね。

やはり病院との連携は重要ですね。